アドラー心理学から学ぶ行動目標!心と体をシンプルに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

悩んだり、苦しんだりしていますか?

複雑に見えてしまって、どうしていいのかわからなくなっていませんか?

世界はシンプルなものだとアドラーは言っています。

確かにその通りであって、ひとつひとつを紐解いていけば、一本の線でつながります。


沢山の書籍を読んでも、ネットで検索しても、答えはみつからないでしょう。

自分を見つめ直し、深く心を覗いていくことで、その先にあなたの正解が待っています。

世界はもっとシンプルなもの。

複雑に見えてしまっている物を、もっとシンプルにしていくために、アドラー心理学から学びましょう。

「今」と「ここ」しか存在していない

複雑に見えて、辛さばかりが積み重なっていくのは、今とここに生きていないからでしょう。

過去の出来事を悔やみ、未来で起こることを不安に思っている。

しかし、それらは今には全く無関係だということ。

全ては、あなたが創り出した妄想であり、言い訳とも言えます。

心が楽にならず、シンプルにならないのは、心と思考、心と体を一致させていないからです。

あるのは今だけ。

いるのはここだけ。

それ以外は、あなたには無関係なのです。

頭で考えずに感じていく

難しくなってしまうのは、頭で考えてしまうからです。

上手くいく方法を探したり、これまでの経験を活かすことは、悪いことではありません。

ただ、考えている以上は、あなたはまだ何も行動はしていません。

考えることをやめて、感じることにフォーカスしましょう。

記憶と妄想は、あなたの行動を制限してしまいます。

しかし、あなたが気にしていることは、あなた以外は誰も気にしていません。

あなたが不安に思っていることは、まだ起こっていませんし、そうはなりません。

心の中で、しっかりと自分に問いかけて下さい。

頭で考えているそのことは、今、ここで関係あることですか?

心にブレーキをかけて、行動を制限しているのはあなた自身です。

考えるのをやめて、感覚を研ぎ澄ませて生きていきましょう。

これからどうするのかを決める

アドラー心理学から学べることは、過去がどうであったか、未来でどうなるのかを考えることではありません。

これからどうするのかを決めてしまえばいいだけのことです。

「今何をするべきか?」に集中し、そのための行動を起こすだけです。

悩んでいても、考えていても何も現実は変わることはありません。

だからといって、先回りした行動もうまくはいかないでしょう。

これまでに起こったことから、上手くいかなかった原因を探し出しても、それは解決につながることはないでしょう。

「今」「ここ」でどうするべきであって、どうあるべきなのか。

あなたはあなたと真剣に向き合って、行動目標を設定しなければいけないのです。

決断することで、何かが始まり、行動することによって、何かが動き出すのです。

目標はなんでもいい

行動目標は、無理なものを設定せずに、できることから決めていきましょう。

遠くばかりを見て、ハードルを高くしてしまうと、また同じことが繰り返されます。

悩む、考える時間はできるだけ短くし、まずは小さな行動目標を立てること。

そして、次の瞬間には「どうするべきか」判断して、行動して下さい。

良いか悪いか、正しいか間違っているかは考える必要はありません。

まずは、足元から。

目の前にある小さな目標をクリアしましょう。

それを繰り返し行っていくだけで、流れるように進んで行けるようになっていきます。

悩むこと、考えること、探すことをやめて、小さな一歩を踏み出しましょう。

自分の心に従って生きる

難しくなってしまったのは、あなたが正直であって、頑張りすぎたからです。

他人が言うこと、世間が言うこと、飛び交う情報を元に、あらゆる試練を頑張って乗り越えてきたはずです。

ですが、そのどれもあなたの正解とは一致しなかったはず。

大切なことは、外側からの情報を受け入れながら、それでも自分の心に忠実に従うこと。

他人や環境は変えることができません。

変えられることは、受け入れる立場のあなたの解釈と行動だけです。

情報弱者にならないようにするために、他者の言っていることを受け入れはしても、その通りにはしないことです。

あなたが従うべきは、あなたの心であって、全ての行動はあなたが決めればそれでいいのです。

外側にある世界には、あなたを惑わせる情報が溢れかえっています。

それに流されてみるのもあなたが決め、流されずに生きることもあなたが決めること。

そのどちらも、あなたが決めたことであれば、全て正解です。

心に従って生きましょう。

アドラー心理学は、あなたを責めるものでも、他人を咎めるものでもありません。

あなたはそう思ってそうするかもしれないが、私はこう感じるのでこうする。

といった心と行動の境界線をはっきりさせながら、互いを認めて共生していく世界を創り出すことが、アドラー心理学からの学びです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*