悪習慣を完全に断ち切っていくためにやること!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分にとっても良くない習慣だとわかっていても、なかなかやめることができないものは誰にでもあると思います。

どうしたら悪習慣を完全に断ち切っていけるのでしょうか?

やめたい悪習慣があるために、それをどうにかしたいという気持ちがあるのでしょう。

ただ、実際にはやめられないからこそ、悩みは深くなっていくでしょう。

そういった場合には、意外な方法で解決できたりするものなのです。

やめようとすることをやめる

まず、悪習慣を断ち切っていきたいのなら、それをやめようとすることをやめて下さい。

やめようとすればするほど、生活の中でそれを強く意識してしまいますので、悩みを大きくしてストレスを感じる原因となります。

あまりに意識しすぎると、それはいつかやめられないことへの自己嫌悪、自己否定へとつながり、自信喪失するだけです。

やめられない自分が嫌になってしまうくらいなら、無理にやめようとはしない。

やめようとしてこだわり続けることをやめましょう。

客観的に見て感じてみる

習慣をやめようとするかどうかは、自分の判断です。

しかし、その何気ない習慣が、誰かに迷惑をかけている、嫌な気持ちにさせているのかどうかは知っておくべきです。

それを知るために、客観的に自分を見つめ直しましょう。

他人がそれをやっているのを見てどう感じるのか。

その感じている感覚を、リアルに体感することによって、悪習慣へ大してのイメージが変わり、やめていく方向へと意識が動きます。

何気なくやっていることを思い出し、どう見えるのかをイメージしましょう。

思いっきりやってみる

悪習慣が断ち切れないのは、いわゆる依存症だからです。

小さな習慣は、長く続けていると深く根付きます。

この依存状態から抜け出すためには、とことんやってみること。

思いっきり好きなだけやってみるのです。

そのうち、「もういいや」「飽きた」というところまで行き着くはずです。

悪習慣を完全に断ち切っていくために

悪習慣は、あまり強く意識しすぎると、余計に断ち切ることが難しくなります。

我慢が欲求を強めていき、習慣の回数を減らすことによって、その時の喜びは余計に倍増し、断ち切るまでの期間が長引くだけなのです。

目的はあくまで「完全に断ち切ること」ですから、「飽きるまでやる」ということなのです。

とことん、好きなだけやっていけば、どこかで満足して、どうでもよくなっていくもの。

やめようとは思わずに、好きなだけやりましょう。

やりすぎて、嫌いになってしまえばもう完全にその習慣は消えていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*