どうしていいのかわからない人へ!苦悩を抜け出す方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

悩みが尽きず、どうにもできない問題を抱えて、何をどうすればいいのかわからなくなっているのなら、少し行動を変える時かもしれません。

八方塞がり、四面楚歌。

その状態から抜け出す方法は、意外なところにあります。

スポンサーリンク

どうにかしたい現状があるものの、どうにもできない現実に苦しんでいませんか?

答えを探し、解決方法を考え、毎日のように悶々とした気持ちを抱えている。

こうした状況を打開する方法は、難しいようで簡単だったりします。

答えは既に出ている

人の悩みは、どうにかしたいけどどうにもできない現実から生まれるもの。

考え、悩み、また考える。

この時点で、既に答えが出ていることに気が付かないから、悩みは厄介なものなのです。

どうにもできないことは、どうにもできません。

悩んだり、考えたりするだけで時間の無駄です。

どうにかしようと考え続け、問題を抱えたままで毎日を過ごすことによって、心が疲弊していくだけ。

「そのうちどうにかなる」と開き直ったほうが、心を楽に保てますし、どこかのタイミングで、すんなり解決できたりするものなのです。

できることをやってみる

考えるのをやめて、今の自分にできることをやっていくしかありません。

問題を自分でどうにかしようとすればするほどに、心は問題に捉われていき、その問題も逆に悪化する方向へと向かいます。

気持ちばかり先行して、焦れば焦るほど、事態は悪化するものなのです。

変えられないことに無駄なエネルギーと時間を費やすよりも、今ある状態から自分にできることをやるしかないのです。

どこにも正解はない

今できることをやって、問題を解決するための正解を探さないこと。

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉の通り、やれるだけやるしかないので、先のことを考える必要はありません。

失敗しても構いませんし、何度でもチャレンジすればいい。

正解を探し回って、どうにかしようとするよりも、とにかくこなすことだけに力を注ぎましょう。

苦難は成長のチャンス

悩みや問題が発生した場合、どこかの決まってどこかの順序を飛ばしてしまっています。

そのことに気づけないままで、問題をどうにかしようとすから、余計に悪化してしまうのです。

一度その悩みの対象から離れてみて、別のことをやってみましょう。

その中に、ヒントが隠されています。

それまでにやっていなかったこと。

大切なものを飛ばしてしまっていたこと。

それに気づき、自分の中にある問題が完全に解消された時、元々あった問題や悩みも嘘のように消えてなくなります。

それによって、それまでできなかったことが出来るようになり、苦難が自分を成長させる試練であったことにも気付けるでしょう。

スポンサーリンク

自分のことに集中する

自ら行動して、問題を解決しようとしに行くのではなく、とにかく自分のやるべきことに集中して、そこに全力を注ぎましょう。

どうにもできないことは、どうにもできないのだから、すぐに方向転換して、他のことをやっていきましょう。

少しでも自分のプラスになること。

役に立つかはわからないけど、目の前にあること。

やるのは嫌だけど、頼まれていたこと。

そういったことに集中することで、悩みや問題は頭の中から消えていきますし。

時間の経過とともに、問題ではなくなっています。

自分の足元をよく見よう

問題を解決しようとしている状態は、問題に捉われ、振り回されている状態です。

別の何かをやろうとしても、それが思いつかない場合は、まだ遠くを見ている状態です。

やるべきことは、自分の足元に転がっています。

遠くのこと、境界線の外側にあるものを気にしないこと。

まずは足元にあるそれを片付けることから始めてください。

人によって、場合によって内容は異なりますが、ヒントは自分の足元に必ずあります。

地に足をつけてゆっくり確実に進む

問題を抱えた時に、どうにかしようと力が入ったり、遠くばかりを見て焦ってしまう場合は、足元が見えていない状態。

そして、目の前にあるタスクをこなす時、しっかりと確実に進むことを心がけていないと、再び同じ問題に直面します。

大切なことは、ひとつひとつ確実にクリアしていくこと。

地に足をつけてゆっくりと進むことです。

速く進もうとして、焦っていても、同じ問題で躓くだけです。

何が原因で、どうすれば解決するのかばかりを考えずに、とりあえず確実に進む手段を取りましょう。

そういった歩みが、そのうち大きな強みとなっていくはずです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*