天命に従って生きる!目の前のことに全力で取り組め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分が何者なのかわからない。

何がしたくて、どうすればいいのかわからない。

そんな気持ちを抱くことは、誰しもあることです。

道を探すことで、迷路に迷い込み、出口を探せば探すほど、奥へと迷い込んでします。

それでも、大丈夫です。

その道も、あなたの天命へと導かれていくひとつの道筋なのです。

スポンサーリンク

自分がわからなくなり、答えを探し求めていることでしょう。

それもまた、導きのひとつでもあります。

しかし、ここから本当の自分の天命を知るためには、「気づく」ということが必要になってきます。

探すことをやめて下さい

まずやらなければいけないことは、「答え探し」をやめること。

正解はあなたの中にしかありませんし、既に天命の道筋に立っています。

わからなくなってしまうのは、遠くばかりを見て近くが見えなくなっているからでしょう。

自分の身の回り、足元をよく見て下さい。

そして、今立っているその場所が、あなたの天命、あなたの夢、あなたの理想とする世界へと通じていることに気づいて下さい。

どれだけ考えても、悩んでも同じです。

既に天命に導かれていることに気づきましょう。

目の前のことをこなしていく

天命、自分の道というのは、どこかにあるものではありません。

自分の歩いているその道が、まさにあなたの道です。

違う方法、成功するノウハウ。

それはひとつのテクニックであり、技術という副産物的な生きるツールでしかありません。

目の前のことを全てこなしていって下さい。

意味があるのかないのかを考えず、正しいのか間違っているのかも考える必要はありません。

とにかく片っ端からこなしていくこと。

それが、あなたという存在を形づくっていき、あなたの道となっていきます。

技術や知識というのは、何かに備えて先に付け足していくものではありません。

その場その時に、必要なものを拾っていきながら歩き、それが経験という形で自分の中にスキルとキャリアとして残っていくのです。

どんな小さなことでも構いません。

全てやっていきましょう。

どの道を辿ったとしても同じですので、逃げることばかりを考えずに、タスクを全てこなしていきましょう。

降りかかってくる要求を全て呑む

苦しい時、辛い時は誰にでもあります。

それでも、ふりかかる要求を全て呑むことによって、あなたに全てのものは与えられます。

欲しい物、叶えたい願い、行きたい場所に手を伸ばして獲得しようとすれば、必ず何かを失うことになってしまいます。

何も考えず、何もせず、降りかかる試練をひたすらにこなしていきましょう。

それが、あなたの天命であり、願いを叶える唯一の方法です。

一時的には、外側に対して感情的になってしまうこともあるでしょう。

それでも、それをグッと我慢をして、受け入れていきましょう。

それは、我慢や忍耐というものではなく、天命なのだと気づいてしまえば、その苦しみさえも楽しさとなっていくはずです。

スポンサーリンク

できることからやっていこう

どんな悩みを抱えているのかは、あなたにしかわかりません。

そこで、やるべきことが見えてきたとしても、では「今何をすればいいのか?」ということを考えてしまうかもしれません。

そんな場合は、まだ少し遠くを見ているのかもしれません。

まず、「今」「ここ」でできることから始めていきましょう。

小さなことから全てが始まります。

順序を飛ばすのではなく、目の前のこと、足元から固めるのです。

目の前に何がありますか?

まずはそれを片づけましょう。

今できることは何ですか?

それをこなしましょう。

今を生きる

頭の中で、色々なことが駆け巡っているかもしれません。

ですが、それらのことが、「今」「ココ」で関係のあることなのかということに気づきましょう。

その場に関係のないことは考えない。

今言っても仕方がないことは言わない。

全力で「今」を生きるのです。

何かひとつでもやることを見つけたら、それをとりあえずはやりましょう。

誰かと比較したり、他人の目を気にすることをやめて、目の前のことに取り組んでいきましょう。

忘れないで下さい。

天命を知り、天命に従って生きることは、目の前のことに集中し、「今」「ココ」を生きることなのです。

そして、それをただひたすらにこなしていくだけで、あなたの夢は叶えられていきます。

NA企画.

ライター:ステロー

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*