断捨離を続けて見えてきたものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンプルで快適な暮らしから、豊かな人生を目指すステローです。

久々の投稿となりましたが、これもまた「離」であって、しばらくの間は他のことをやっていました。

もちろん、断捨離の精神を忘れずに、日々のルーティーンも確立していっています。

そんな生活を続けて、見えてきたものは沢山ありました。

スポンサーリンク

気を抜くとすぐに増える

同じように断捨離をしている方でも感じられていることでしょうが、少し気を抜くだけですぐに増えてしまうということ。

だからといって、それが悪いということではなく、まずは増えてしまっているということに「気づく」ということが最も大切なことではないかなと感じています。

欲しいな、やりたいな、楽しいな、嬉しいな。

と感じることも大切なことですが、それらの感情をしっかりと味わいきって、終えたところで気持ちを切り替えること。

それが、結局は「今を生きる」ということにつながっていきます。

時間、場所に対しての、自分の心と行動がずれてしまうことによって、未来や過去に生きてしまいます。

今に集中し、しっかりと目の前のことと向き合っていく。

そして、終わったことは忘れ、使い切ったら捨て、役目を終えたら離れる。

一時的には増えても構わないので、その後の決断をはっきりさせること。

しがみつかない、執着しない、今とココを基準に動くこと。

ただこれを繰り返すだけで、自然と流れは良くなっていくものです。

外側の世界は自分の内面を映し出している

身の回りの状態は、まさに自分の心の状態を表しています。

かつて私も、外側ばかりに意識が集中し、他人の目を気にしたり、比較したりしながら生きていました。

ですが、そんな時には何をやってもうまくはいかず、ジリジリと嫌でも後退させられていきます。

片づけながら、捨てながら気づいたことは、自分の中心へと戻っていけばいくほど乱れていたこと。

この事実を知った時に、私は愕然としてしまいました。

ですが、気づいたからにはやるしかないと思って、とにかく自分を取り巻く世界の一番近いところ、中心から立て直すことに集中しました。

物であっても、情報であっても、他者であっても、外側に見えるもの、聞こえるもの、感じるものは全て自分の心の中にあるもの。

浄化しなければ、もっときれいな世界を見たいという思いひとつで、とにかく足元からキレイすることによって、やはり周りに感じることに変化はありました。

本当は最初からそこにあったもので、見えていなかった。

本当はカラフルで色づいていたのに、心の曇りによってモノクロに見えていた。

そう映し出していた原因は、全て自分自身の心。

物事がうまくいかない原因は、生活スタイル、小さな日々の習慣にあったということです。

必要なものは与えられる

これが断捨離で行き着いた究極の答えです。

この世に正解も不正解もありません。

選択はどちらを選んでも同じです。

潜在意識で願うだけで、願いは叶います。

顕在意識によってとる行動は、全て逆の現象が起こります。

今、必要なものは、すでに完璧に揃っています。

すぐに来る次の「今」という刹那の瞬間も、完璧に揃っています。

変化しながら、何かを失ったように感じても、それはそう思っているだけで、何かが出て行くと、何かが入ってきます。

ただ、これが繰り返されているだけです。

頭で考えても、なかなかうまくはいかないと思います。

考えずに、ただ感じる。

コップの中にある水を、ひっくり返せば、水はコップからなくなります。

「水を失った」

と思うかもしれませんが、コップの中に空気が入って来ただけです。

人、モノ、お金、情報。

ひとつのことの囚われて、追いかけたり、奪ったり、しがみついたり、ためこんだりするから、流れなくなるのです。

自分のコップの容量は決まっていて、出たり入ったりをただ繰り返しているだけなのです。

その流れを止めるか止めないかは、自分次第。

私が断捨離で気づいた究極の答え。

必要なものは、必要なタイミングで、必要な分だけ勝手に入ってくる。

だから、「何もしなくていい」ということ。

それ以上を手に入れようとしたり、先回りをして過度な準備をしても、無駄なエネルギーを消費するだけです。

スポンサーリンク

心に従って生きればいい

私たちは、様々な情報に囲まれ、無意識のうちに洗脳を受けてしまいます。

「~しなければいけない」

「~してはいけない」

「~して当たり前」

誰かがそういうかもしれませんが、それが多数派だとしても、それが正解ではありません。

正解は、いつでもあなたの心の中。

心の声に従って、ただ生きて行くだけです。

ひと昔前の時代なら、「苦手を克服しろ」「気合や根性で乗り切れ」なんて言葉を他人へ投げかける光景がよくありました。

これは、正解でありながらも、不正解。

自分の中から生み出されるものと、他人から言われることにはおおきなギャップがあります。

湧き出る力と勢い。

それが発揮されるタイミングは、自分自身のもの。

他者同士で与え合うものは、経験から得た情報や、励ましの言葉以外には必要ありません。

何をどうするのか。

どの道を辿ってどこへ向かうのかは、自分の心に従っていけばいいのです。

ひとつずつ確実に積み上げていく

断捨離をしてみて、最初に衝撃を受けたことは、いかに自分が小さく、愚かで、傲慢であったかということ。

大事にしていたプライドは、自尊心ではなく、ただの虚栄心。

他者へ見えるものは、自分の姿だとも知らずに、指摘をしたり、教育という建前を持って余計なアドバイスをしたりもしていました。

この事実を知った時は、世に出るのが恥ずかしくなるくらいでした。

一時期は、自分を責めすぎてしまって、自己嫌悪にもなりましたが、それでも掃除と整理整頓を徹底することによって、なんとか心を立て直すことができました。

そして、大切なことは、ひとつひとつ確実に積み上げていくということ。

ゆっくりと、丁寧に、慎重に。

目指すことばかりに気をとられ、遠くばかり見るのではなく、まずは足元から。

速さを求めて、細く高く積んでしまうと、ちょっとしたことですぐに崩れ落ちてしまいます。

失敗してもいいから、何度でもやり直す。

関係のないようなことでも、全てはつながっていて、まずは目の前のことを確実にこなすことから。

ひとつずつ、ゆっくりと、丁寧に積み重ねていくこと。

それが、自分の思い描く未来へと、つながっていくのだと、今は確信しています。

最後に

このブログ、この生地を見つけていただき、ありがとうございます。

人生とは不思議なもので、ずっとずっと辿っていけば、かならず巡りあうように出来ています。

久々の投稿で、少し感情が前のめりになってしまいましたが、どこかの誰かの励みとなり、豊かな人生の手助けが出来れば幸せです。

苦しいこともあります。

逃げ出したくなるほど辛い時もあります。

しかし、その出来事も、必ず意味があるもので、神様が幸せな世界へと導くために与えた試練です。

壁にぶつかったとしても「次の課題はこれか」と心の中で感じながら、その苦しみさえも楽しみながら生きていければそれほど幸せなことはありません。

楽をすることばかりを追うのではなく、クリアするべき課題があることに喜びを覚えていきましょう。

全てのことには必ず意味があります。

今はそれがわからなくても、とりあえずこなしましょう。

そしていつかあなたにも、偶然が必然に変わり、点と点がひとつの線で結ばれ、起こった出来事が走馬灯のように流れる瞬間が訪れます。

それは、いつ起こるかはわかりませんが、その煌めく瞬間を楽しみにして、ひたすらに積み上げていきましょう。

あなたの人生が素晴らしいものになることを祈っています。

ステロー

NA企画.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*