人生を豊かにするために捨てていくべき3つのもの!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分の人生を豊かなものにするために、何を残して何を捨てるのか。

素晴らしい人生を創造するためには、取捨選択が必要です。

優しさに似せた執着よりも、孤独になる強さを持って生きて行きましょう。


スポンサーリンク

荷物を持ちすぎると、旅は辛くなるばかりです。

人生はもっと自由で、もっと素晴らしいものだと実感するために、お別れするべきものがあるのは確かです。

自分で背負った荷物は、自分で下ろすしかありません。

豊かな人生を創造するために、捨てるべきものは捨てていきましょう。

1.嫌な気持ちになる人間関係

単純に、自分が嫌な気持ちになってしまう関係は、断ち切るしかありません。

優しさのつもりで差し伸べた手も、ピンチとなれば振り払われたりもします。

また、互いに生産性のない関係や、自分へ悪影響だと感じられる関係は切り離していきましょう。

何もしていなくて、離れていく場合もありますが、時には自分から断ち切っていく勇気も必要です。

嫌な気持ちになる人間関係は、いい結果を生みません。

もっとあなたに適した関係は、他にもあるはずですので、悪影響を受けるくらいなら、孤独を選びましょう。

2.多すぎる持ち物

物は持っていても無価値です。

それが、生きて行くうえでどうしても必要だとするなら、大切に扱っていくべきです。

ただ、一時的な満足度や、快楽を求めるだけのものなら、持っていても意味はないでしょう。

いい気分になるためのものや、誰かのためになるものも、大切なものかもしれません。

それでも、もう一度自分の持ち物を見直してみることもやってみるべきです。

持ち物は出来るだけ少ないほうが、身軽な人生を送れるのは確かです。

3.心と体に悪影響な習慣

何をするにしても、心と体が資本です。

心地の悪いこと、体が嫌がること。

よりシンプルに、そういったものを避けていきましょう。

何かの影響を受けて、習慣として取り入れてしまったのなら、真剣に切り離す努力をするべきです。

少しでも人生を豊かにしていきたいのなら、心と体に悪いことはしないことです。

スポンサーリンク

幸せな人生を創造しよう

幸せな人生を作ることは、難しいようでとても簡単なことだったりします。

大切なことは、いつも心の中にあります。

嫌な気持ちになるところは避けていく。

心地のいいところだけを大切にしていく。

ただそれだけのことです。

心で感じ、そのままに生きて行けば、必ず幸せな人生を歩むことが出来ます。

NA企画.
ライター:ステロー

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*