削ぎ落すことに挑戦しよう!人生はどこからでもやり直せる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

捨てまくっているステローです。

何かに挑戦することは、とても素晴らしいことです。

しかし、方向性を間違えてしまうと、目的を見失ってしまい、終わりのない道を歩くことになります。


スポンサーリンク

付け足して、増やしていくと、どんどん自分の首を絞めることになります。

欲望や、見栄の世界に生きて行くと、永久に終わりのない棘の道を歩むことになります。

挑戦するべきことは、削ぎ落していくことです。

毎日何かに挑戦していく

どんなことでも、楽な道はありません。

自分の試練に立ち向かって行き、挑戦していくこと。

試練は毎日のように襲い掛かってきます。

それでも、自分の試練からは逃げることは出来ません。

必ず挑戦するべきことはあるはずです。

きちんと向き合って、挑んでいくことを忘れないようにしましょう。

やめることに挑戦する

何かに挑戦する時には、新たなことを始めるよりも、やめることに挑戦するほうが建設的で成長へつながります。

生きていれば、色々なことが起こります。

楽な道を探して、簡単に手に入れられる結果を追い求めると、やめられなくなります。

まずは、新たなことに手を出すよりも、余計なものを削ぎ落していくことに挑戦しましょう。

やっていることをやめる。

持っているものを捨てる。

減らす作業をやっていけば、生きるのはとてもシンプルだと気づきます。

スポンサーリンク

しない努力をする

長い間生きていると、試練は次々と襲い掛かってきます。

そこで何を学んでいくのか。

それは、やめるべき習慣と向き合って生き、次からはしないこと。

これの繰り返しです。

やめようと思ったことは、しないこと。

悪習慣を断ち切って、やめて二度としないということに挑戦していきましょう。

何もする必要はない

何かをしようとするから、苦しくなるのは間違いありません。

人生は、いかに削ぎ落せるのかだけです。

何かをしようとしたり、なろうとすればするほど、道は狭くなっていくばかり。

いかに何もせずにじっとしていられるのか。

そこに挑戦してみて下さい。

削ぎ落として生きて行こう

どんなことでも、生きていれば成し遂げることは出来ます。

自分がどう生きていきたいのか?

どんな人生にしていきたいのか?

そこにフォーカスして下さい。

邪魔なもの、余計な物は全て排除していくこと。

挑戦するべきは、削ぎ落すことだけです。

生きて行くのに必要のないものは、全て捨ててしまっても大丈夫です。

他人の価値観の中に生きて、世間の常識に惑わされていると、本当の自分が見えなくなってしまいます。

心の声に従って生きるために、削ぎ落して生きて行きましょう。

ひとつひとつがとても大切

毎日が挑戦で、日々成長していく。

一日一日がとても大切なもので、そのひとつひとつがもっと大切。

この感覚を忘れないために、削ぎ落す挑戦は必要なのです。

人は、当たり前のように生きていますが、明日が来るとは限りません。

今日を精いっぱい生きて、悔いのない人生を創造していく。

いつか終わりが来ることを知ることで、初めて全力で生きることができます。

目の前のことをきちんと丁寧にこなし、小さなことを積み重ねましょう。

最後に

まだまだ削ぎ落せていないところが自分の中にあることはわかっています。

それでも、毎日が挑戦であって、達成できる喜びがあることが、今はとても幸せです。

新たな何かを始めるよりも、魂を浄化すること。

そこに力を注いだ時に、世界は輝き出すことを知りました。

こうしてここまで読んで頂いた、あなたには本当に感謝しています。

こんな小さなブログでも、励ましの言葉を頂ける人たちがいてくれるおかげで、私も頑張って生きていけます。

誰かに何かを言われても、あなたの信じた道があなたにとっての正解です。

その道を、真っ直ぐに進んで下さい。

バカにされたり、思った通りにいかなかったり、予期せぬことに巻き込まれたり。

色々な試練が訪れるかもしれませんが、自分の信じた道が絶対です。

ひとつひとつが大切でえあって、生きている人たち一人ひとりが大切。

今は苦しいかもしれません。

もう終わりたいと思うほどに辛いかもしれません。

それでも、生きて行くしかないのが人生です。

あなたの頑張りは、必ず誰かが見ています。

誰も認めてくれなくても、応援してくれなくても、神様はあなたの頑張りを見ています。

会うことはありませんが、私もあなたを応援しています。

あなたの人生が素晴らしいものになり、毎日輝く笑顔でいられることを心より祈っています。

NA企画.

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*