片づけのモチベーションを上げていこう!掃除と断捨離で人生を創造する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

片づけられずに悩んでいますか?

掃除が続かなくてストレスを感じていますか?

その悩みすらも、捨てるべきもののひとつで、小さな問題かもしれませんよ。


スポンサーリンク

片づけられないことで、悩む必要はありません。

それは、あなたがそれだけ優しいからです。

しかし、時には手放す優しさと勇気も必要です。

荷物は増えるばかりで、大切なことが見えなくなっていくばかり。

便利な暮らしを目指しているのに、忙しくなっていくばかりではないですか?

真実を見極めて、片づけ上手になって、シンプルな人生を手に入れましょう。

生きて行くのに必要か?

物を見て考えてみて下さい。

それが今、今日を生きて行くのに必要なものですか?

人や状況によって違いはあるものの、どうしてもなければいけないものではないはずです。

捨ててしまえば、それをすぐに忘れてしまうでしょう。

生きるために持っていなければいけないものは、ほんのわずかなものだけです。

大切にしなければいけないのは、それではないはずです。

便利にしようと、楽をしようとするから、複雑になって忙しくなるのです。

楽しい人生を送りたいのなら、生きることの本質から考えてみて下さい。

他人から見ればガラクタ

あなたが必死に守ろうとして、維持しているものは、他人からみればくだらないものです。

持つことによって、その物の本当の価値以上の判断をしてしまっているだけです。

せっかく買ったのだから、高かったからもったいない。

それは、突き詰めていくと、あなたがそう思い込みたいからではないですか?

間違いを認めず、失敗したことを受け入れず、そうであるべきだと暗示をかけて、価値を高めようとしているだけ。

もっと大きな枠組みで見て行けば、それは単なるガラクタでしかありません。

スポンサーリンク

いつかは絶対に来ない

ありがちな言葉ですが、「いつか使うかもしれない」の「いつか」は絶対に来ることはありません。

また、「~かもしれない」なんてものは、何の根拠もない幻想です。

今必要のないものは、この先も必要になることはないと思って下さい。

使う時などは来ないことを認め、いらないと判断することによって、楽になることが出来ます。

片づけと掃除をしているうちに人生が終わる

多くを持ちすぎて、ガラクタに囲まれた生活をしていると、やることが増えていきます。

便利だと思って買い集めているものを、維持することのほうが大変です。

片づけや掃除は大切な習慣だと言っても、そればかりをしているうちに、残りの人生は終わりへと近づきます。

「もったいない」という言葉は、とても素敵なものですが、その言葉を使うべきなのは「時間」に対してだけです。

物は一時的な価値しか見出せませんし、心には残りません。

人生が終わるその瞬間に、後悔しないためにも、捨てるべきなのです。

少ないほうが楽に決まっている

沢山持っている、やっているほうが優秀。

出来る物ならそれが最も優れていると言えますが、人に与えられた時間は平等です。

人一人が出来ることなどは、限られている物。

物への執着や、欲張る気持ちは際限がなく、自分の首を絞めていくだけです。

減らし、削ぎ落し、少なくしていけば、生活はどんどん楽になっていきます。

ミニマリストにアンチな人たちもいますが、どれだけ小さな時間に力を奪われているのかに気づくでしょう。

後回しにしてもツケが回ってくる

片づけられない人は、決まって後回し癖があるはずです。

しかし、いくらそこから逃げても必ず自分のところへと返ってきます。

人生のタスクからは、逃れられないように出来ているのです。

逃げれば逃げるほど、やらなければいけないことは山積みになっていくばかりです。

また、それらのタスクがありながらも、物を増やすということは、さらにタスクを増やしていくだけです。

出来ることは限られているのですから、わざわざ自分からやることを増やすようなことはしないようにしましょう。

空白を作れば入ってくる

引き寄せの法則や、空白の法則と呼ばれるものがありますが、これは確かなものです。

無駄なものを手放して、余計なものを削ぎ落していくことによって、沢山のいいものが入ってくるようになります。

空間的、時間的な余白を作っていくことによって、あとはどんどん舞い込んでくるので、受け取るか受け取らないかだけになります。

空白を創り出すために、余計なものは排除していくこと。

それだけに力を使っていけば、何も問題はありません。

何もない何もしな状態を目指せ

 

増やしたがったり、持ちたがったりするのは、今ではない何か別のところに意識が向いています。

ここではないどこかであったり、自分ではなく他人であったり、今ではなく過去か未来であったり。

それよりも、大切なことは、今という刹那のこの瞬間です。

人生は、今という瞬間が連続しているだけ。

いつ死んでも同じなのですから、それを覚悟で生きて行くことを意識しなければいけないのです。

限界まで削ぎ落し、減らし、何もしないで済む状態を作り上げることを目指していきましょう。

捨てれば簡単になっていく

あれもこれもと欲張っているから、物事が難しくなってしまうのです。

生きることに必要な物だけ大切にする。

いらないものは捨てていく。

多くを欲しがっていると、何も得ることが出来なくなっていきます。

捨てたと思っても、また難しくなってくる時が来るので、そこでまた捨てましょう。

これを繰り返すことによって、生きるのはとても簡単になっていきます。

自分を認めるだけでいい

持ちたがる、増やしたがる人は、自分の間違いを認めたくないのではないでしょうか。

つい衝動買いしてしまった。

買ったけど全然欲しくなかった。

無理をして見栄を張ってしまった。

心の奥底に眠る声を聞いていくと、そこにはちいさなプライドが壁を作っているはずです。

それを持って、そんなことを続けて、一体何のために?

自分の失敗を認めて、諦めてしまったほうが、もっともっと楽に生きられるはずです。

足りていることを感じる

色んな事をやってみたり、もっと欲しいと願っているのは、今あるものが見えていないからです。

何もしなくても、すでに足りています。

大切なこと、必要なものは随分前から全て揃っています。

上手くやろうとしたり、誰かと比べたりするから、苦しい方向へと進んでしまうのです。

必要最低限のものだけにし、それだけを大切にしていけば、足りていることに気づきます。

心にいいものは大切に

大切なことは、感じること。

たったそれだけです。

心にいいものは大切にしていき、世間の価値観で測るものは捨ててしまいましょう。

多すぎるものは、必ず自分の身を滅ぼします。

もっともっとと欲張る気持ちは、全てを失ってしまいます。

あなたの中で、心が穏やかになるものだけを、大切にしていきましょう。

迷ったら捨てるべき

人は、迷いを感じている時は自分の意思がブレている時です。

そういった判断で持っていても、そこに価値は見いだせないでしょう。

迷っている時に考えていることは、「いつか使うかな」「高かったからもったいないな」「捨てたら困るかも」とそういったことを考えているはずです。

そこに浮かんでくるのは、全て意味のないことの繰り返しです。

まず、その迷う、考える時間を無駄と考え、そうなってしまうものを捨てるのです。

考えている時間というのは、人生の中では邪魔になるだけ。

迷った時には捨てましょう。

毎日何かを減らしていこう

ただ普通に生活しているだけで、物はどんどん増えてしまいます。

そこで、いちいちひとつひとつに悩んでいたら、片づけるだけで人生の残りの時間がどんどん減っていきます。

シンプルに、楽に生きて行くためには、とにかく減らすこと。

捨てるべきものは、毎日どこかで見つかります。

いらないものは排除する。

生きて行くために関係のないものは捨てる。

自ら増やさずに減らす。

これをやっていくだけで、生きるのはどんどん楽しくなっていきます。

NA企画.

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*