多くを得ようとするから失っていくという現実がある!断捨離で大切なものを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もっともっとという心は、必ず身を滅ぼしてしまいます。

多くを得ようとするから、失うことになってしまう。

本当に大切なことは、こと足りているということを知ることです。


スポンサーリンク

人間は、気が付いたら多くを得ようとしてしまう生き物です。

それが、自分自身を苦しめてしまっていることに気が付けば、楽になることが出来ます。

断捨離を意識しながら、よりシンプルで、簡単な方法を選択していきましょう。

増やすからうまくいかなくなっていく

物事がうまくいかなくなるのは、何かを付け足したり、増やそうとしたりするからです。

本質を見抜いて、よりシンプルにするために、余計なことは全て排除していかなければいけません。

それがないと何か支障があるのか?

そこまでして維持することに意味があるのか?

何が目的でやっているのか?

増やし過ぎてしまうと、物事を達成するための手段が目的にすり替わってしまって、最後まで成し得なくなってしまいます。

プロセスも大切なことではありますが、やりすぎ増やし過ぎは必ず身を滅ぼします。

スポンサーリンク

減らさないと抜け出せなくなる

常に減らしながら進めることを意識していかないと、増やし過ぎて多すぎることは、何も達成できない結果を生みます。

いっぱいやって、頑張って努力して、なんてやっていることも、実は意味のないことだったりもします。

高いことを求めたり、多くを求めすぎることは、自分で自分の首を絞めることにつながります。

とにかく、まずは減らすこと、シンプルにすることを心がけること。

それが、円滑に進めるための唯一の方法です。

基本動作を繰り返していけばいい

複雑にして、増やして、多くを求めていくと、どんどん達成すべき結果は遠のいていくはずです。

また、多すぎることは、物事の本質を見失いやすく、本線から脱線していくことが繰り返されます。

そうではなく、ただシンプルに、ひとつの目標を達成することだけに集中する。

その基本となる動作だけを繰り返し行っていけばいいのです。

当たり前のこと。

中心にあること。

最重要事項を優先して、そこに全力を注いでいく。

それだけを繰り返せば、自然と結果はついてくるものです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*