人間関係の断捨離で気づいて欲しいこと!承認欲求を捨てろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離で最も人生に大きく影響するのは、人間関係です。

どんな場面においても、必ず人と人が関わることばかりです。

捨てて、手放すことができれば、自分が整っていく感覚がわかります。


スポンサーリンク

人間関係を整理していけば、生活が変わり、人生そのものが整っていきます。

少しでもストレスを感じ始めたら、それは断捨離のタイミングかもしれません。

あなたがもっと楽に生きて行くために、捨てて、手放してやればもっといいものが舞い込んでくるはずです。

いつの間にか広がっている

人間ができることには限りがあります。

それが、人付き合いともなると限界があるのも当然です。

困っている人を見たらどうしても救いたくなる。

助けを求めていることには手を差し伸べたくなる。

それは、人の心を持っている以上は仕方のないことです。

しかし、それがあまりに過剰になってしまうと、自分自身が疲弊してしまって共倒れとなってしまうこともあります。

人間関係は、広く浅く持ち、本当に大切にするべき人たちはほんの少しだけでいいのです。

そのことに気づくためにも、一度は断捨離してみるのもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

断捨離を決行してみよう!

SNSのつながり、スマホの連絡先などで知人とのつながりを整理してみましょう。

断捨離することは、自分のことを理解することができます。

連絡先をみて、一人ひとりを消していってみましょう。

そうすれば、おのずと答えは見えてきます。

あなたがこれから生きて行くために、その人は必要になることがあるのか?

今必要でないのなら、連絡することもないはず。

いつか必要になる時が来れば、その時は必ずどこかで巡り合うはずです。

どんな影響を与え合っているか考える

人間関係は、互いにどんな影響を与え合っているのかというところが重要なことです。

どちらかばかりが疲れ切ってしまったり、どちらかだけが満足するような関係は、いずれ破綻します。

我慢するばかりではいい関係は築けませんので、その関係がお互いに成長できるものなのかどうかです。

互いの人生のために、良くない関係だと判断したら、それは切るべき人たちです。

顔を合わせては言い合ってばかりだったり、お互いに気を遣いすぎてすすめない関係なのなら、続けるだけ時間の無駄です。

もっといいものを与え合える人を大切にし、喜びを分かち合える人たちと一緒に過ごしましょう。

後悔しても得る物はある!

勢いで消してしまって、「しまった」と思う人もいるかもしれません。

しかし、そこで焦る必要はなく、それが得たものを考えればあなたは成長できます。

もういいやと思っていたつもりが、気が付けばいつも気にしている。

心の中にいつも存在し、忘れることのできない存在となってしまう。

勢いだけで消してしまうということは、その時にはなぜかいいイメージがわかなかったのでしょう。

それでも、時間が経てば思い出せることは沢山あるから忘れられないのでしょう。

捨てて、手放して得る最大のメリットは、あなたの心の中に永遠に刻まれるものなのです。

承認欲求を捨てよう!

あなたの人脈が広がってしまうのは、誰からも好かれたいと思っているからではないですか?

無駄に助けようとしたり、手を差し伸べたりするのは、あなたが認められたくてそうしているのではありませんか?

あまりに知人を広げすぎるのは、あなたの承認欲求が強すぎるからです。

目立ちたい、認められたい気持ちは誰にでもあるものなので、その気持ちは大切です。

しかし、さほど価値のないところから認められたところで、それは嬉しいことではないはずです。

偉大な人に認められることが、最も価値のあること。

その人の徳を判断するには、その人をどんな人が慕っているのかでわかります。

本物として認められるために、くだらない承認欲求は捨てて、あなたという存在をあらゆる場面で表現すればそれでいいのです。

自分を認めてくれる人を大切にしろ

あなたの価値は、全ての人に理解できるものではありません。

わかってくれない人は、勝手に去っていきます。

わかってくれる人たちは、自然と集まってきます。

誰にもすがりつくことなく、一人でただ生きていればそれでいいのです。

認めてくれる人を大切にして下さい。

そして、その人のこともしっかりと認めてあげて下さい。

互いに成長し、いい関係が築けるように、認め合っていくことができれば、心は穏やかになっていくはずです。

あなたの大切な人は、すぐ目の前にいるはずです。

探さず、もがかず、やりたいことをやっているところについてくる人だけを大切にしていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*