削ぎ落していけば人生が楽しくなる!生きることの意味を知る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現代社会は、情報や物で溢れかえっています。

こんな時代だからこそ、断捨離がとてもいい習慣となるのです。

生きることの楽しさは、削ぎ落すことによって見えてくるものなのです。


スポンサーリンク

毎日が楽しく感じられず、いいことがないように思える日々。

そういった感覚を持っているのなら、断捨離すべき時かもしれません。

何が楽しくて、何がしたいのかもわからない。

そんな時に、捨てて、削ぎ落すことが出来れば、生きる楽しさがどんどん見いだせるようになります。

選べるのだから自分で決めよう

今の時代は、とにかく自分で決めて自分で行動できる時代です。

自由に生きることの楽しさを見出し、飛び出した者勝ちのような社会です。

苦しくて辛く、ストレスしか感じない毎日。

そう言いながらも、その生活を選択して継続しているのはあなた自身だということ。

それが楽だからそうしているわけで、その代償としてストレスを受けるのは当たり前です。

しかし、情報過多で、物や人で溢れかえるということは、選択肢はいくらでもあるということ。

怖れて、今の楽な生活にすがりつくから楽しくなくなるのです。

何を削ぎ落せるかが重要

選べる時代だからこそ気づいてほしいことは、あなたが何をしていくかではなく、何をしないのかということ。

何を付け足すのかではなく、何を捨てて生きるのかです。

大切なものを守りたい気持ちもわかりますが、いつまでも同じところですがりつこうとするから苦しいのです。

一時的な現実逃避ができるものはいくらでもありますが、現実へ戻るとその反動は大きくなり、やればやるほどに膨らむはずです。

苦しいのならやめてしまえばいい。

嫌なのならしなければいい。

それが選べないからストレスを感じる。

言い訳をしてそこに留まりたいのであれば、そのままにしていればそれでいいのではないでしょうか。

やることよりもやらないことを選択しましょう。

必要のないものは捨て、嫌なことからは離れ、苦しくなることはしない。

この簡単なことさえできれば、生きるのはとても楽しくなります。

スポンサーリンク

楽しいことはいくらでもある

時代が流れるとともに、時間は経過していって、あなたという存在もどんどん変化していきます。

あらゆる経験を積んでいき、昔は楽しかったことでも、今では楽しくないということは沢山あるはずです。

それが楽しいと思い込んだり、過去に楽しかったことにいつまでも執着しているから、維持するのが大変になってストレスとなるのです。

昔と今は違うのです。

いらないものはいらない。

楽し事へだけ向かっていけば、それは怖くても楽しく感じられます。

いつまでも楽をしてそこに留まろうとすれば、楽しくなくなるのは当然です。

飽きたことはやめてしまって、いらないと感じる物は捨てる。

次に楽しいと思えることへとどんどん挑戦していきましょう。

嫌な気持ちになるところからは離れて、もっともっと楽しいことへと挑戦していくのです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*