捨てることに慣れるための訓練!繰り返せば片付いていく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離することによって、気持ちがスッキリとし、生活が楽になります。

ただ、なかなか物は簡単に捨てられないというのは誰にでもあります。

少しずつできることから挑戦して慣れていけば、自然と片づけ上手になっていきます。


スポンサーリンク

持っていることに価値があると思うと、何もかも持ち続けることになり、自分への負担が増えてしまいます。

使っていないものは、持っていても無価値。

今生きるのに必要のないものは捨てて、もっと楽な人生を手に入れましょう。

断捨離を成功させて、習慣として身につけていくために、まずは慣れることから始めて下さい。

いらないものを捨てよう

いらない物はいらない物です。

あなたの判断で、「これはいらないな」と思う物はさっさと捨ててしまいましょう。

ここで捨てる物は、確実にいらないもので、すぐに処分できるもの。

あなたが決めて、あなたの手で捨てて下さい。

また、できるだけ早く家の中から追い出して、捨てること。

後回しにはせずに、すぐに行動することが大切です。

捨てた物を思い出そう

次に、あなたが捨てた物を思い出してみて下さい。

いらない物を処分してから、頭の中で想像してみて下さい。

恐らくそのほとんどは思い出せないはずです。

いらない物は記憶にも残らず、そのままあなたの記憶からも消え去ります。

捨てた物というのは、そんなものなのです。

使っていない物を捨てよう

これまでに持ち続けたけど全然使わない。

買ったはいいけどほとんど出番がない。

使い勝手が悪かったり、思ったほどの感動がないもの。

そういったものは捨ててもいいものです。

少々名残惜しくても捨てて下さい。

いつか使うと思っても、そのいつかが来ることはありません。

思い切って捨ててしまいましょう。

それを乗り越えることによって、断捨離が身についていきます。

スポンサーリンク

捨てた物を思い出そう

これまで長い間持ち続けたものを捨てて、後からそれらを思い出してみましょう。

きっと思い出せるものはないはずです。

捨ててしまって、時間が経過すれば次第に忘れていきます。

特に、物への執着心と言うのは、あなたの視界に入るから発生するもので、見えなくなって手放してしまえば思い出すことすらなくなります。

世間の価値や、まだ来ない未来のために持ち続けることは、あなたの今を辛くするだけです。

捨ててしまえば、それまでなぜそれを持っていたかも、何を持っていたのかも忘れます。

このことに気づき、慣れていけば、捨てることは何も怖くはなくなります。

毎日捨てていけ!

捨ててしまえば忘れるということを知ってしまえば、捨てることは怖くはないという学びを得ることができます。

持ちすぎると、失うのが怖くなって、行動できなくなります。

しかし、捨てても何も変わりはしませんし、むしろ心が解放されて楽になっていくだけです。

断捨離は、あなたの決断力を鍛える意味もありますが、あなたの言い訳を強制的に除外する意味もあります。

あなたがやりたいことが出来ないのは、忙しいからだと言って、それを言い訳にしているだけ。

持つこと、増やすことで、あなたは自ら言い訳をため込んで、行動したくないだけです。

その言い訳を失くして、本当の自分の意思と決断を試すためにも、捨てなければいけないのです。

怖いかもしれませんが、なんてことはありません。

あなたが求める答えは、その先にあるのです。

断捨離して、開放的な暮らしを目指していきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*