断捨離があなたの人生を変えていく!今すぐ捨てるべき習慣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離ができない人は、確実に苦しい道のりを歩むことになります。

捨てることがうまい人ほど、どんどん先のステージへと進みます。

もう一度あなたの習慣を見つめ直して、余計なものは排除していきましょう。


スポンサーリンク

ストレスが多くなったり、頭の中がごちゃごちゃしたり、心がモヤモヤしたままになるのは、キャパオーバーになっていることを示しています。

多くを持ちすぎて、抱え込みすぎて、物事の本質が見えなくなっているのです。

それが何かは人によって違うものですが、たまにた立ち止まって整理することも必要です。

あなたの人生にとって、何が必要で何がいらないものなのか?

それらを明確にして、捨てるという行動を実行することによって、あなたは成長していけるのです。

心も体もすっきりとして、毎日を楽しく過ごすために、断捨離上手を目指していきましょう。

人が生きていくために必要なことは、意外にも少ないもの。

自分を整えれば、どんなことでもうまくいき、自信を持って突き進めます。

捨てるべき習慣をヒントに、あなたのライフスタイルを見直してみましょう。

1.他人と比較し競争すること

どんなところでも、集団で生きていると競争する場面は出てきます。

しかし、自分の中での過度な競争意識や、誰かとの比較はあなたのためにはなりません。

あなたが正しいわけでもなく、他の誰かが正しいわけでもない。

誰もが自分の中にある正義が正しいと思って行動しているし、その正義は比較するべきものではありません。

また、競い争うことで向上できるのは、あくまでお互いがその先の成長を目指している場合だけです。

あなたの中に、いつも誰かと比較して、争って生きる癖がついているのなら、それはすぐにやめるべきです。

比較し、どちらかが正しかったと決定づけてしまい、そに先に何があるのでしょうか?

競争し、勝敗を決めてしまって何になるのでしょうか?

他人との比較、過度な競争意識は、あなたを苦しめるだけなのでやめましょう。

2.どうにもならないことを考えすぎる

何かのアクションをしてみたら、それから得られた結果に対して考えることは大切なことです。

しかし、どうにもならないことは確実に存在します。

すでに終わったこと。

これから起こる道の出来事。

他人が考えていること。

見えないところで起こっていること。

そういった、あなたにはどうにもできることではないことは、考えすぎないこと。

深く考え、追求することが大事だという理論を放つ人もいますが、それは時間とエネルギーの無駄です。

少しだけ考えて、ひとつの答えを見つけたら、それ以上は考えるのをやめてしまいましょう。

なんでこうなったのか?今どうなっているのか?これから何が起こるのか?

考えたらわかることで、すぐに「わからない」という答えが出てきます。

わかるまで考えることが理解することだと思っていると、それは永遠に終わらない苦しみです。

「わからない」ということが答えはすでに出ているのですから、それをそのまま受け取りましょう。

そして、わからないことはわからないのままにしておけば、あなたの貴重な時間を削る必要はなくなります。

終わったこと、まだ怒っていないこと、見えないもののことを考えるのはやめましょう。

3.外側にあるものを変えようとすること

ストレスを感じたり、嫌な気持ちが重なってくると、いつの間にか人はその原因を探そうとします。

そして、その原因はいつも外側にあると思ってしまいがちです。

しかし、それをずっと続けていても問題解決にはなりません。

他人の頭の中を覗くことはできませんし、行動を変えることもできません。

外側にあるものを変えようとしてしまうと、いつまでもあなたは苦しんでいくことになります。

簡単に変えられるのは内側にあるもので、あなたの中にあるはずです。

他人を変えようと躍起になることは、多くの時間とエネルギーを消耗し、それはあなたが自らの人生を自らの手で削っているのことになります。

人生が終わるまでの時間は限られているので、少しでも無駄なことはしないこと。

外側にあるものを変えることに力を注ぐことはやめていきましょう。

4.正解を探そうとすること

この世には、正解も不正解もありません。

正解がないということが、最も正解に近いのかもしれません。

人間はただ、自分の思っている通りに行動して、誰もがその自然な流れに沿って生きているものです。

どこにも正解などはありませんし、生きていくのに正しい道なんてものもありません。

あるのはただ、感じて、思って、動く。

これだけのことです。

悩み苦しむ時は、どうしても何が正解なのかを探してしまいがちです。

しかし、それを探している時間は、確実に時間とエネルギーの無駄。

あるとすれば、あなたが何を感じて、どう思ったのか。

それだけが本当の答えであり、真実だということです。

これからは、正解を探して生きるのはやめましょう。

5.誰かの意見に従うこと

わからないことを聞くのは当たり前のこと。

困った時にアドバイスを求めるのもよくあること。

しかし、何もかも他人の意見を聞いていては、あなたのためにはなりません。

言われたからそうした。

聞けばわかるから何もしない。

それを繰り返していれば、あなたに何も成長はなく、失敗しても必ず誰かのせいにしてしまうだけです。

他人の話を聞くことは大切なことですが、それを自分なりの解釈で組み替えて、カスタマイズして取り入れることを実践して下さい。

他人の意見に全ては従わないこと。

誰かに何かを言われても、それが正しいことだとは思わないこと。

大切なことは、あなたがそれで納得をして、後悔をしないのかどうかです。

自分にとって大切だと思う決断は、決して誰かの意見に従うことはしないで下さい。

スポンサーリンク

6.結果を気にしすぎること

何事も、結果を気にしすぎると身動きが取れなくなります。

失敗をしたくはない。

恥をかきたくはない。

そういった恐怖心があると、臆病になってしまって何もできなくなります。

また、その気持ちが心の中にある以上は、やってみたことでも失敗しやすくもなります。

自信を持って行動することは、いい結果が得られることに自信を持つわけではありません。

どんな結果になったとしても、それを受け止めるという覚悟を持つことが、本当の意味で自信を持つということです。

また、結果とは、ひとつのアクションで得られる点数だと思い込まないこと。

その先にある物をしっかりと見据えて、そこに本当に得られる結果があることを考えて下さい。

失敗しても、点数が低くても、怒られても。

怖れずにそこに挑戦したということが、最も価値のあることです。

過度に目先の結果を気にすることはやめましょう。

最後に

いかがだったでしょうか?

苦しくて辛いとき、うまくいかない時は、自分にとって良くない習慣がしみついてはいないでしょうか?

いいことも悪いことも、色々なことがありますが、本質はどれも同じです。

考えても意味はないし、何が正解なのかは誰にもわからない。

ライフスタイルを作り上げていく基本は、あなたが何かを感じたら、それをそのまま表現し、思った通りのことを行動にうつしていくこと。

これを忘れることなく、ずっと続けていくことができれば、あなたは生きているという実感を失うことはありません。

大人になることは、感情を表に出さず、無茶な行動はしないことだと思いがちです。

しかし、それが本当に正しいことなのか、自分の心に問いかけてみて下さい。

人間である以上は、いくつになっても同じです。

あなたがどう感じたのか。

あなたがどう思ったのか。

あなたがどうしたいのか。

あなたが何をしていくのか。

あなたがどう生きていくのか。

あなたがどんな人生を送りたいのか。

あなたが人生を終えるまでに何をしたいのか。

それだけを考えて生きていけば、悩みのほとんどは消えてしまうでしょう。

目の前にある無意味なものに囚われないで下さい。

本当に生きるために必要なことを思い出し、それだけを大切にして生きていきましょう。

あなたの人生が素晴らしいものになることを祈っています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*