断捨離ができれば人生は好転!苦手な人でもできる3つのコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離という習慣は、必ずあなたの人生にいい影響をもたらします。

ストレスを開放し、物事がシンプルに見えるようになります。

苦手な人でも、必ずできるようになるコツがあるのです。


スポンサーリンク

片づけや掃除が苦手という人は、決まって断捨離も苦手な人です。

手放すことができず、持っていたい。

大切にすることだけが優しさだと思って、ずっとそれを持ち続ける。

しかし、それはあなたが生きる上での足かせでしかありません。

断捨離を習得すれば、必ず人生は好転するのです。

何も大きなことをするわけではないので、気持ちを楽にして、ひとつずつ実践していきましょう。

1.素直に判断していく

断捨離は、捨てること、手放すことだけが断捨離ではありません。

あなたが捨てられない物は、そのまま持っていて下さい。

そして、大切にして下さい。

捨てていいものと、捨てたくないものは人によって違うのは当たり前です。

断捨離で本当に知るべきことは、あなたが心の中で本当はどう思っているのかということ。

そして、手放す決断ができるのかということ。

捨てることに意味があるのではなくて、あなたが一人で判断し、あなたが一人で行動することに大きな意味があるのです。

だからこそ、自分に素直になって、「今は捨てられないな」と感じたら、それは持っていても大丈夫です。

捨てることばかりに執着してしまうと、「捨てられなかった」と自分を責めてしまうことになります。

断捨離は、捨てても捨てられなくてもどっちでもいいのです。

大事なことは、自分の力で自分なりの答えを見つけ出すこと。

これが、最も価値のあることになっていくのです。

2.少しずつ進めていく

断捨離は、大きなイベントとして物を一掃することではありません。

あくまで、自分で決断し、自分で行動すればそれでいいのです。

その先の答えは自由ですし、それまでのプロセスも自由。

執着を手放し、楽に生きる意味さえ理解できれば、どのような道を通ってもいいのです。

苦手な人は、「今日は断捨離するぞ!」とはりきらずに、捨てれるものがあったらすぐ捨てる。

という習慣だけを身につける意識を持ちましょう。

迷ったり、持っていることが苦痛に思ったら捨てる。

この判断と行動が早くできたほうが、自分自身が進化する速度も速くなります。

また、ストレスが少なくなり、捨てることが当たり前として身についていくようにもなっていきます。

そして、持たない暮らしに慣れていき、買わない体質にもなっていくのです。

ルールを自分で作ってみて、少しずつ減らす努力をすること。

1日に一つは捨てるでも、3つ捨てるでもいい。

ひとつ買ったら2つ捨てるでもいい。

休みには5個捨てるでもいい。

なんでもいいので、捨てるという意識を持つことが、習慣を身につけるということ。

そして、習慣は人生となっていくので、加速度的に生きている実感を味わえるようになっていきます。

スポンサーリンク

3.捨てる基準を見つける

人間が生きているだけで、ちょっと気をぬけば物が増えていきます。

そして、そのほとんどがあなたが生きる上では価値のないものばかりです。

だからこそ、常にその目の前にあるものが捨てれるかどうかを意識して下さい。

いるかどうかではなく、捨てれる物かどうか。

なくてもいいと思う物は、さっさと捨てること。

古い服がたまたま汚れたら、それを理由に捨ててしまう。

欠けている皿を見つけたら、運気が悪くなると思って捨てる。

本当は捨てたいと前から思っていたものに、あなたなりの理由をつけて捨てることにしていくのです。

壊れた時に、ちょうどいい機会だから捨てるとか買い替えるとか。

何を例えにしてもかまいません。

神や天がそう言っている。

今はいらないと導かれている。

それを決めるのもあなたですし、どんな理由であれあなたが決めればそれでいいのです。

最後に

いかがだったでしょうか?

捨てることは簡単なように思えても、慣れていなければ意外と難しいもの。

断捨離するぞ!と意気込んでいたはずが、気が付けばあれもこれも残して、結局元の場所に戻してします。

それでは一体何をしていたのかもわかりませんし、時間とエネルギーの無駄です。

やるのならきちんとやりましょう。

また、捨てたくないと思っている物ほど捨ててみましょう。

失うのが怖いのは、得られるかどうかが不安だから。

しかし、その恐怖心があるうちは、あなたが得ることはありません。

手放すことは失うことではなく、多くの物を得るために必要なことです。

断捨離は勇気のいることですが、是非やってみて下さい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*