断捨離して運気を上げよう!持たない暮らしが人生を変える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

物で溢れかえっている今の世の中だからこそ、持たずに暮らす人が増えています。

シンプルに丁寧に生きることを忘れなければ、人はいつでもどこでも豊かに暮らせます。

多くの物を持ちすぎないためにも、断捨離していきましょう!


スポンサーリンク

心も体もすっきりとし、ストレスのない生活を送りたいのなら、断捨離するべきです。

人が生きていいくうえで、本当に必要なものは多くはありません。

あなたの頭の中を悩ませているのは、あなたが持っている物たちです。

そして、それを大事に抱え込んでいるのは、他でもないあなたです。

こだわっている物を捨て、しがみつくのをやめて手放してしまえば、何もかもが楽になりますよ。

少しずつでもいいので、捨てる習慣を身につけて、シンプルな暮らしを目指しましょう。

食器を捨てよう

そんなに大家族でもないのに、沢山の食器を持っていても意味がありません。

片づけるのにも大変なだけですし、食器棚の掃除なんて何年もしていないのではないですか?

コップもそんなにあっても、奥のほうのは使っていないのではないですか?

多く持てばいいというわけではなく、沢山あるから何がどこにあるのかがわからず、片づけも大変になるのです。

食器は家族の人数分と、来客用に少しだけあれば十分です。

使わないもの、欠けたもの、古いものは捨てて、最低限のものだけを残して大切に使いましょう。

服を捨てよう

クローゼットの中に、数年間着ていない服がありませんか?

また、新しいけど一回も袖を通していなかったり、買って着てみたのはいいけど似合わなくてほとんど着ていない服がありませんか?

値段が高かったからとか、デザインはかわいいからと言っても、着てもいないものを持ち続けるのはただやることを増やしているだけです。

邪魔になるものをいつまでも持ち、整理する時には、その分だけ余計な作業が発生する。

気もしない服を見て何を着るのか迷う。

その全ての動作が無駄であり、小さな時間とエネルギーを削ります。

着ない服は着ないのです。

また、汚れた服や古い服も捨ててしまいましょう。

もったいないとか、高かったからとかではなく、邪魔になるものは素直に手放すべきです。

持っているだけで場所をとりますし、やることが増えてしまうだけですよ。

本を捨てよう

よほどお気に入りのものでない限り、本も捨ててしまいましょう。

一度読んだ本を、読み返すことがこれまでにどれだけあったでしょうか?

新しいものは次々と出てきますし、古い物を読んでいる暇などはないはずです。

古い本を大切にとっておいても、新しい本を読みますよね?

それが事実なのですから、本も捨てるか売るかしましょう。

ためておいても、まず出番はありません。

スポンサーリンク

便利グッズを捨てよう

家事を少しでも楽にしようと思って、便利グッズを買ったりはしていませんか?

確かに中には本当に役に立つものもあります。

しかし、作業が便利になったとしても、そのアイテムの管理の手間は増えるので同じことです。

集めれば集めるほど物は増えますし、メンテや掃除が大変になっていき、結果として不便になるだけです。

家電や便利グッズは、暮らしを快適にするように思えても、ただあなたのやることを増やしてしまうだけです。

少しでも楽をしようとすればするほど、忙しくなるだけなのです。

人生は有限であることを知れ

多くの物を持つと、生活は確実に大変になっていくだけです。

便利にしようと思えば思うほど不便になります。

楽しくなると思って買ったものほど楽しくなくなります。

欲しいと思っているものほどいらないものです。

沢山持つから大切にしなくなるのです。

人が生きるのには、必要なものはそれほどありません。

また、人生は時間でできていて、誰でも有限です。

生きている間に最も大切な物は、時間でしかありません。

目先のものばかりを追いかけて、無駄な時間を過ごしているとあっという間に終わりの時は来ます。

あなたの人生は、いつ終わるかわかりません。

毎日の暮らしの中で、今日が最後の日だと思った時、本当それが必要でしょうか?

本当にそんなことに時間やお金、エネルギーを使っていていいのでしょうか?

無駄なものを捨て、本当にやりたいことをやる。

生きたいように生きて、心と体で思いっきり生きる。

そのことを忘れずに生きていれば、自然と断捨離はできるようになるはずです。

今何が大切なのか、しっかりと考えて、いらないものを捨ててしまいましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*