職種は関係ない!仕事を円滑に進めるたったひとつの方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事をスムーズに進め、成果を出すには一体何をすればいいのか?

職種に関わらず、たったひとつのことだけを実践すれば全てがうまくいきます。

結果に焦る必要はなく、チームで実践できればいつか大きな成果を上げることができます。


スポンサーリンク

思うように結果が付いてこない。

年々業績が右肩下がり。

上司に怒られてばかりでうまくいかない。

正しいことを指示しているのに部下が言うことを聞いてくれない。

仕事の悩みは尽きることはありません。

しかし、それらひとつひとつの悩みを全て解消するために、たったひとつの大切な習慣があります。

やるかやらないかは人それぞれですが、実践すれば必ず成果につながります。

物事には順序がある

どんな職業であれ、物事には順序というものがあります。

基本的なことを飛ばし、結果を急いでしまうとそれはいつか破綻します。

まずは土台を固めること。

そして、地道な努力を継続すること。

業績が上がらないのであれば、一度リセットしてやり直す必要があるのかもしれません。

うまくいかないのは、必ずどこかで道を間違えているからです。

順序を守り、ひとつひとつ確実にクリアしていかなれば、どんなことでも結果は出せません。

職権で人は動かない

会社と言うのは組織である限り、力関係が発生します。

しかし、どこまでも人間と人間の関係。

職権だけでは人間は本当の意味で動くことはありません。

何が正しいとか、間違っているとかではなく、何をするべきなのかが大切なのです。

共に働く以上は、互いの人生が豊かになっていく必要があります。

それを忘れてしまっては、本末転倒。

職権だけで動いたり、動かそうとしたりすることは、ただのパワハラにしかすぎません。

大切なことを思い出し、チームはどうあるべきか、組織はどうあるべきかを見直す必要があるのです。

スポンサーリンク

仕事を円滑にするにはこれだけやれ!

何をやるにしても、基本を飛ばしていては意味がありません。

真の仕事とは、プロ意識を持って最高のパフォーマンスを発揮すること。

そこには一体何が必要なのか?

スキル?知識?経験?データ?

そんなものは後からいくらでもついてきます。

先を急ぐのではなく、まずやるべきこと。

それは「整理・整頓・清掃」の三つです。

これだけできれば、おのずと結果はついてきます。

まずは「整理・整頓・清掃」を自ら率先してやること。

それから、仲間とともに実践していくこと。

そして、部下にも手伝ってもらうこと。

この「整理・整頓・清掃」を継続して実践できるチームを作り上げることができれば、必ず業績は上がっていきます。

その意味が理解できてもできなくてもどちらでもいいのです。

とにかく「整理・整頓・清掃」の三つだけを大切にしていって下さい。

通常業務をやらなくてもいいくらいです。

営業に回らなくてもいいくらいです。

作業を中断してもいいくらいです。

まず、「整理・整頓・清掃」を徹底してやってみましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*