掃除の力が生きる力!掃除と断捨離で得られる10のメリット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

掃除と断捨離は自分を鍛えるいい習慣です。

嫌なことから逃げるのではなく、立ち向かう力をつけられます。

継続することでどんなメリットがあるのでしょうか?


スポンサーリンク

掃除と断捨離をしていますか?

普通に生活しているだけで、気づかないうちに汚れて、いつの間にか物も増えてしまいます。

やってみればすぐわかる。

感じることのできるメリットを紹介します。

掃除をするメリット5つ

掃除には多くの学びがあります。

私たち日本人は掃除だけを続けてきた人種です。

そこには、きちんとしたメリットがあるのです。

1.きれいになる

単純なことですが、掃除をすればその場がきれいになります。

きれいにするということは、その場を元の形に戻すことでもあります。

使ったら片づける。

汚したら掃除する。

この当たり前が自然と共生するために日本人が身につけた習慣なのです。

2.心がすっきりする

言葉では説明できなくても、掃除をした後は必ず心がすっきりとします。

きれいにして整えることは、いつの間にか自分の心を整えることにもつながってくるのです。

日本人は、景色や色を感じる感性に長けているといわれています。

それは、掃除をすることで鍛えられた特性なのかもしれません。

見ている場所がきれいだと、心もきれいになっていく。

それを自分たちで実践して感じることができるのが掃除です。

3.達成感を味わえる

何かを成し遂げたとき、その大小に関わらず、人間は達成感を味わいます。

この達成感が、自分の自信につながったり、自己肯定感を高めたりと、向上する意識を強めてくれます。

そうやって小さなことから達成していくことで、大きなことにつながることも知ります。

まずはひとつ。

そして次にまたひとつ。

そうやって一つ一つをこなすことで成長していけるのです。

4.気づく能力がつく

掃除を意識してやり続けると、細かいところにも配慮できるようになります。

それは悪いことではなく、優れた能力に芽生えていく証拠。

仕事やプライベートでも、気の利く人は優遇されます。

どこが足りないのか?

何をしたらいいのか?

どうやったらうまくいくのか?

そういったことにいち早く気付く能力が身についていきます。

5.人が集まってくる

掃除をしてくれる人がいて困ることはありません。

人の価値とは、その人がどれだけ多くの人に必要とされるのかということ。

お金でもなく、権力でもなく、必要とするのは身の回りのことがきちんとこなせる人です。

また、その場で必要なことを的確に見抜いて、すぐに行動できる能力です。

これらはすべて掃除をすることで身についていきます。

そして、知らないうちに掃除ができる人の周囲には人が集まってくるようになります。

断捨離するメリット5つ

断捨離にもメリットがたくさんあります。

その中でも特に感じられるメリットを5つ紹介します。

1.掃除がしやすくなる

断捨離をして物を減らすと掃除がしやすくなります。

いちいち物を移動したりするだけでも積み重なれば大きな負担となります。

また、ありすぎるとどこからやっていのかもわからなくなります。

それがまた掃除のやる気をなくす原因にもなって、掃除をしようという意識も薄れます。

物をなくせば掃除が楽になる。

逆に、掃除の基本は捨てることからとも言います。

ものを減らせば快適に掃除ができるはずです。

2.気持ちが楽になる

断捨離をしてみると、やりたいと思っていたことでも本当はやろうと思っていなかったこと。

必要と思っていた物も本当はいならかったということ。

捨ててみればわかることが多く、それまでに無理をしていたことにも気づきます。

物を多くかかえすぎると、単純にやることが増えるばかりか、いつの間にかやるべきことも増やしてしまうのです。

それらをなくすと、とても気持ちが楽になります。

「やらなければいけない」と思っていたのは幻想で、「しなくてもいい」という快適さを知ってとても楽な気持ちになれるはずです。

3.貯金体質になる

貯金をしようと強く意識している人ほど、浪費が激しかったりもします。

断捨離をすると、余計なものを買っていた、していたことがわかります。

また、それが理解できればいつの間にか買わなくもなっていきます。

捨てることを知れば、どうせ使わなくなることも予想ができ、本当に必要なものを本当に必要な時に買うだけになります。

そうやって暮らしていくうちに、貯金をしようと思わなくても自然とお金がたまっていくのです。

それが貯金体質というやつです。

4.新たな道が見える

物や行動、人に執着しすぎると、そこから逃れなれなくなります。

何か新しいことを始めるのには、必ず何かを先にやめなければいけません。

捨てること、やめることでまた新たな余裕ができ、次の道へ進むことができるようになります。

継続すること、大切に扱うことはいいことですが、それがいつの間にか先へ進む足かせになっていることもあります。

やめることは新たなことを受け入れることにもつながります。

断捨離をすれば次が必ず舞い込んでくるものです。

5.多くを求めなくなる

断捨離すれば、捨てることを知ります。

また、自分のやりたいことも見えます。

それまでに抱えすぎていたのは、多くを求めすぎていたのかもしれません。

その多くを求めることが、得られない原因だとしり、求めなくなっていきます。

求めて手を伸ばすから手に入らない。

何もせずにただじっと待ち続ければ舞い込んでくる。

本当にほしいものとは、そうやって出会うものなのです。

スポンサーリンク

断捨離と掃除は生きる力になる

掃除や断捨離は、自分を知るいい習慣です。

また、さらに継続していくともっと自分を向上させてくれます。

それまでに見えなかったものが見えるようになり、不思議な感覚も感じるようになります。

掃除や断捨離は、生きる力を強くします。

それは意識していなくても自然と身につくものなので、気が付けば楽に生きられる力を得ています。

まわりの人が気になったり、嫌なことから逃げようとしたり、愚痴が出たりするのはまだ未熟だからです。

今よりも高みに達するためには、掃除と断捨離をしていくしかありません。

とにかくやりまくってみよう!

どんなことでも、何かを学んだら行動してみること。

そして、その結果からまた学びを得ます。

終わったことは元には戻せませんし、責めてもいけません。

ただ前だけを向いて、そこから何を学びとるのか。

そして、その学びをどう行動に活かすのかだけを繰り返しましょう。

とにかく行動すること!

考えること。

それからまた行動すること。

それしかありません。

吉田松陰も、孟子の教えを読んで学び、行動に移します。

そして、仲間たちへの語りでも、「知識だけでもダメ、行動だけでもダメ、その両方が大事」と文武両道を強く言っています。

とにかくやってみること。

考えたらまたやってみること。

行動力がすべてを進めてくれます。

掃除をしましょう!

いらないものを捨てましょう!

ぼーっとしている暇はありません。

掃除をどんどんやっていきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*