人間関係の断捨離で見えたこと!いつも全てが逆になっていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離で最も難しいのが人間関係。

ただ、うまくいった時には最も人生を左右するのも人間関係です。

私が実際にやってみて、自分のことがよくわかりました。


スポンサーリンク

これまで、様々なことで悩んで来ましたが、私はいつも思考と行動が不一致でした。

とにかくいつも逆のことをしていたし、逆の解釈ばかりしていました。

常に何かを求めていた

私は、生活に時間と体力の余裕ができ、何かを始めようと色々なことをして、色々な人に会い、色々な場所へと行きました。

「とりあえずやってみよう」
「とりあえず行ってみよう」

こういった時には私はなぜか最強のチャレンジャーに無心でなれます。

ですが、何をやってもどこに行っても誰と会ってもただ虚しくなるだけでした。

その時は楽しいのですが、家に帰ればまた普通の生活ですし、誰もいませんし、特に充実感も何もない。

それを繰り返しているうちに、ただ悩むだけになっていきました。

常に何かを求め、何かをしようと考えているうちに、それが逆にストレスになってしまっていたのです。

外の世界との関係に悩み始めた

この頃、外の世界と接触することはとても刺激的で、楽しい記憶は沢山残っています。

ですが、生きていたという感覚は特にありませんし、記憶に残るものはごくわずか。

さらに、そこでできた人間関係もあまりいい状況へとは向かいませんでした。

私はただ、人と話している時間は楽しかったし、何かをしている時は満足していました。

ですが、何もうまくはいかないし何も残らないことに悩み、家ではいつも頭を抱えていました。

またあの人に会いたい。

あそこへ行きたい。

でもそれは今すぐにはできないという現実がある。

気が付けば、毎日そんなことばかりを考えるようになりました。

答えは自分が示していた

いつでも楽しくしていたいし、みんなといたい。

満足できる一日を送って、気持ちよく眠りたい。

それができないことに悩み、いつも夜になると考えていました。

夜になると、何気なく車に乗って、意味のわからない洋楽を聞きながらドライブをし、考え事をしながら運転。

日本語の歌詞を聞くと頭の中に言葉が流れこんでくるのでそれが嫌でした。

夜のドライブは、無意識にしていたことで、気が付けば毎晩そうした時間が一時間はありました。

仕事をした後でも遊んだ後でも。

必ずこの時間はありました。

「なんでみんな楽しそうなんだろう」

「俺はこの孤独が嫌だ」

「一人になりたくない」

その孤独のドライブは何日も続いたのです。

断捨離の実践をしていた

私は、外との世界との関係がうまくいかないことに悩みながら、本当の答えを知るために断捨離も実践していました。

そうすることで、確かに見えない物は見えるようになりました。

あの時言われた言葉の意味。

してくれた行動の真意。

そこまではわかりました。

ですが、どうして自分はその人たちと本当に打ち解けて、仲良くすることができないのか?

なぜ仲間に入れないのか?

心と心で繋がるような関係が築けないのか?

相手が受け入れてくれないから?

自分が受け入れないから?

でも、私はいつも人との絆を大切にしたくて考え、悩み続けていました。

気づいていない自分の本音

断捨離は、本当に様々なことに気づかせてくれます。

私が阻害されているわけでもなく、いつもみんなは優しくしてくれた。

自分がやりたかったことはできていた。

誰も悪くはなかった。

毎日の夜のドライブで、そういったことをいつも考え、全ての出来事に納得はできました。

そして、最後の最後の本当の本音に自分で気づいてしまいました。

答えはあるのに気づかない。

すでに自分で示しているのに、見えていない。

外の世界は見えるのに、自分の姿は見えない物です。

私は、どうして自分が孤独なのかということを毎晩一人で悩んでいました。

誰かと一緒にいたいのにいられないという悩みを抱え、誰に言うこともなくどこに行くこともなく悩んでいました。

本当の答えはそれでした。

人間関係がうまくいかないことも、孤独を感じることも、周囲の人が近づかないこともその答えはここにありました。

私の本音は

「独りになりたい」

ということ。

全く逆のことばかり考え、本当に気づけていなかったのです。

「独りになりたくない」という悩みを誰にも話さずに「独り」になって考えていたのです。

これほどのバカはいません。

あれほど、思考と行動の一致だと言っていた私自身、逆のことでずっと悩んでいたのです。

だったらあとは簡単。

そのままでいいってことですね。

私は、一人になるのが嫌で人を求め、悩み、孤独を再確認したかっただけなのかもしれません。

まとめ

人は時に迷路に迷い込みます。

他人からすれば、それは迷路ではないかもしれませんが、本人には出口のない迷路のようにも感じます。

自分が今やっている行動こそが答え。

外側から見ていくことで答えを勘違いします。

答えはそこにあるし、何も考えずにそれをそのまま受け止めるだけで良かった。

気が付けば、これまでの人生全てそうだったかもしれません。

あなたがもし、これまでの人生で何もかもうまくいかなかったと思うのだったら、それは何もかもが逆だったのかもしれませんよ。

自分の行動が答えを示しています。

人は心に従うことしかできません。

着地点をどこに設けるかは本人が決めることができますが、ほとんどの場合は答えが先に出ています。

ステメンズブロブのステローも、この程度だったのです。

なんだかしんみりした記事になってしまいましたが、私の気持ちを込めた記事です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今後もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*