断捨離するのにかかる時間は意外と短い!これからの生き方を変えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離するということは、いっぺんに物を捨てることだというイメージがある方もおられるでしょう。

それは、断捨離にまだ慣れていないせいであって、本当の断捨離はさほど時間のかかる作業ではありません。

時間をかけずにすっきりさせる断捨離。

コツを掴んで実践してみましょう。


スポンサーリンク

断捨離するのには気合がいると思っていませんか?

最初は確かにある程度の意気込みは必要かもしれません。

ですが、まず断捨離への理解と挑むスタンスが違うかもしれません。

本当にシンプルで豊かな暮らしをするために、うまく断捨離と付き合っていくコツを会得しましょう。

断捨離や大掃除をイベント化しないこと

腰が重くてなかなかやる気にならない。

捨てるにもどこから手をつけていいかわからないからまた時間がある時に。

物を多く持ちすぎると、そういった思いがより一層強くなってしまいます。

増えすぎたからめんどくさいし、めんどくさくてやらないから増える。

この悪循環をどこかで断ち切らなければいけません。

なかなか動けない人は、物事をいっぺんにひっくり返そうと考えがちです。

それがなかなか動きだせない理由ですし、そのせいで大きなエネルギーが必要になってしまいます。

そうした自分がいるのであれば、断捨離や大掃除をイベント化して考えるのではなく、普段の生活スタイルを細かくわけて分析していきましょう。

できることから始める

イベント化せずに、まずはできることから始めていくようにしましょう。

片付けるのが不得意な人は、なかなか大きな作業に取り掛かることも難しいと思います。

ですが、「これならできる」ということは必ずあるはずです。

玄関の靴を揃える。

出した物はしまう。

週に一回はトイレ掃除をする。

まずはそういった小さなことから始めてみましょう。

その小さな作業を積み重ね、慣れてきてからまた次にできそうなことを見つけて実践していきましょう。

断捨離というのは、イベント化して無理矢理やっても、それはまた断捨離というものにとらわれていることになります。

そうではなくて、まずは自分が片付けられるところからやる。

掃除できるところから掃除する。

捨てられる物から捨てていく。

無理矢理何もかも捨ててしまうのではなくて、自分が捨てられる物から始めてみて下さい。

今目の前にあるお菓子のごみは捨てられますよね?

テレビの前に落ちている丸めたティッシュは捨てられますよね?

まずはそういったことから始めてみて下さい。

それだけでもすでに断捨離は始まっていると言えます。

スポンサーリンク

断捨離は時間をかけてやるものではない

断捨離は、大掛かりな作業をする必要はありません。

今送っている生活の中で、少し断捨離の時間を挟んでいくだけでいいのです。

一日5分は掃除する。

ここだけは綺麗にする。

それだけでもすでに断捨離は成立します。

今までテレビを見てゴロゴロしていた時間を5分捨て、部屋の掃除をする自分を手に入れる。

これも、いらない行動を捨てて、必要な行動を手に入れていることにもなります。

段々とそれに慣れてきたら、次から次へとできることが増えていくはずですので、そうやって少しずつ行動を変化させていけば必ず生活に必要なものとそうでないものを分けていけるようになります。

今まで持っていたもの、していた行動、付き合っていた人。

自分にとってメリットのない人に費やす時間とエネルギーが無駄だと気づき、全て自分のために使う時間の大切さにも気づきます。

断捨離というのは、物を捨て、行動を捨てていくこと。

そして、それまで自分が何に執着していたのかも気づくことができます。

これさえ手に入れてしまえば、人生は劇的に変わります。

断捨離は習慣化させてしまうもの

断捨離は、大きな時間やエネルギーをいっぺんに放出して行うものではありません。

毎日の生活の中で、小さなことの積み重ね。

今までしていたことをやめて、やらなかったことをやる。

できないことはしないでいいから、できることだけやる。

そうやって、習慣を変えていくこと。

毎日の習慣というのは、積み重なればそれがその人の生き様、人生、ライフスタイルとなるのです。

本当に心に余裕があり、豊かな生活を送れる人間というのは、習慣が違います。

断捨離は時間をかければいいというものではなく、とにかく小さな断捨離を積み重ねて、ライフワークとしてルーティーン化させてしまうことが本質です。

もはや断捨離という言葉がいらないくらいに、それが自分の「当たり前」になってしまえば、そこが本当の人生の始まりなのです。

まずは目の前の小さな断捨離から始めてみましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*